着物の手入れ

長じゅばんの衿を縫い直しました。
肩凝った~。
今度着物をきる人がかなり太め体型で。一般サイズだと無理そうなので、母の自前を貸すことに。
ひゃー大変でした。
衿芯を入れようとしたら幅がせまくて入らない。
仕方なく衿を一旦外して、アイロンをかけ、衿芯のサイズに合わせて縫い直したというわけ。
着物って滅多に着ないし、いざ着ようと思ったらあれ?ってことや、体型が変わってて無理!ってこと結構あるんだよね。
体型が変わらないよう努力をすればいいんだろうけど、現実は厳しい。笑
一度も着てないのに出してみたらカビだらけ!なんてこともよくある。
やっぱりこれからは貸衣裳が一番楽チンでいいかな。
必要なときだけあればいいし、あとの手入れも必要ない。
面倒がないのが一番だね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です