早春の空に響くよに

3月は卒業式シーズン。

卒業式と言えば、話題にのぼるのはやっぱり卒業ソング。
年代によって歌われてきた曲は様々だけど、誰の心にもある思い出の一曲だよね。

先日そんな話を、中学校の教員をしてる知り合いとしてたんだけど…。
今や卒業式の歌は歌謡曲は当たり前。
「いきものがかり」「ゆず」「レミオロメン」などが普通に歌われてるって。

もちろんそのままじゃなく、合唱用にアレンジしたものを歌うそうなんだけど。
確かにいい歌だしね。
自分の青春時代をともに歩んできた歌なら、感動も一入って感じなんだと思う。

そんな中で驚いたのが「ボカロ」。
そう、あの初音ミクとか、機械の音を屈して人の声みたいに作り出された歌。
それが生徒の選曲で実際に歌われたって。

なんかスゲーとか思う半面、定番ソングが消えていく寂しさ。
そんなことはどうでもいいかw
何はともあれ、卒業おめでとう!

コメントを残す