ブラジル産の鶏肉

国産の鶏肉と、ブラジル産の鶏肉。
店によってそれほど価格が変わらなければ国産を買い、国産がうんと高いときはブラジル産を買ってました。
ん~でも何だ?
また輸入品に問題がおきたみたいですね。
期限が切れている物や、発ガン性のある化学物質も使ってたって。
検査を通すために検査官に賄賂を送ってた事実も明らかになったらしい。
日本に輸出されたものには影響ないそうだけど、やっぱり不信感は拭えないですね。
輸入の際、日本でもきちんと調べてくれてれば少しも安心なんたけど。
どんな検査をして通すのかも気になりますね。
消費者は店に並んでれば安心な物なんだろうと信じて買ってしまいますから。
国の審査基準だけはしっかりと守ってもらいたいなと思います。

携帯電話の見直し

携帯の請求額が5万を超えててびっくり!
そうだ、たて続けに紛やら修理やら頼んだり、諸々のトラブルがあったんだ。
ケータイ保障も利用限度も越えてしまって、機種変するしかなくなって…。

というわけで契約プランを見直すことにしました。
少しでも節約しようと思って。
お~良さそうなのがあるじゃないか。
シェアパックは以前はあまりお得感がなく、わが家には不向きと思っていたけれど、これなら使えそう!
ということで50GBを親子4人でシェアすることに。
ところが担当のお姉さんが、なぜか3人でのシェアを勧めてきて。
それも一人は通話契約のみの母のガラケーっていう。笑
ま、そんなこんなで使える通信量が増えて請求額もトータル5千円近く安くなりました。
見直しして良かった~。

早春の空に響くよに

3月は卒業式シーズン。

卒業式と言えば、話題にのぼるのはやっぱり卒業ソング。
年代によって歌われてきた曲は様々だけど、誰の心にもある思い出の一曲だよね。

先日そんな話を、中学校の教員をしてる知り合いとしてたんだけど…。
今や卒業式の歌は歌謡曲は当たり前。
「いきものがかり」「ゆず」「レミオロメン」などが普通に歌われてるって。

もちろんそのままじゃなく、合唱用にアレンジしたものを歌うそうなんだけど。
確かにいい歌だしね。
自分の青春時代をともに歩んできた歌なら、感動も一入って感じなんだと思う。

そんな中で驚いたのが「ボカロ」。
そう、あの初音ミクとか、機械の音を屈して人の声みたいに作り出された歌。
それが生徒の選曲で実際に歌われたって。

なんかスゲーとか思う半面、定番ソングが消えていく寂しさ。
そんなことはどうでもいいかw
何はともあれ、卒業おめでとう!